くじらナイフ

価格: ¥2,200 (税込)
種類:
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

くじらナイフ、かわいい安全子供用鉛筆削りナイフ

かわいいクジラ型ナイフ


kujira  海を優雅に泳ぐクジラをイメージしたナイフです。
 土佐の伝統工芸士が一本一本丁寧に作っています。
 愛くるしいくじらは全部で6種類。
 緩やかな曲線を描くこのナイフは自然と手に馴染み、
 使い心地のいいあなただけのナイフとなります。
 日本の伝統工芸品の土佐打ち刃物で造られたナイフ。
 鉛筆削りやペーパーナイフ、
 カッティングナイフとしていかがでしょうか?

子ども用の鉛筆けずりとして誕生しました


くじらナイフ、安全な子ども用鉛筆削り くじらナイフ誕生のきっかけはあるお母さんの言葉。
 子供に鉛筆を削らせたいので先の丸いナイフを作ってほしい。
 そんな相談から始まりました。
 早速デザインをしているとなんとなく“くじら”の形に!
 これだったら高知のイメージにもぴったり!なおかつ、
 安全で危険なイメージも和らぐのではないかと製作が開始。
 いろんな方々の知恵を借りて試行錯誤した結果、
 “マッコウクジラ”が完成したのです。
 ※画像で使っているのはニタリクジラです※

土佐の匠「山下哲」さんが作ります。



伝統工芸士、刃物、土佐打刃物

かわいい顔して本格派



このクジラナイフも2種類の鉱物を組み合わせて作っており、打刃物の工程で行われる焼き入れ(※1)、油戻し(※2)もしっかりしていて、切れ味は抜群!

2種類の鉱物はそれぞれの特徴をもっており、この工程を行う事で硬さと粘りをだし、良く切れ、曲らず折れにくい刃物に仕上がります

※1 焼き入れ・・・刃物の硬度、固さを決める大切な作業が「焼入れ」です。火の色と焼け具合で温度を見極めます。
770度~800度で熱したのち、水で急速に冷やすことにより鋼は硬くなります。

※2 油戻し・・・刃物には硬度だけでなく、ねばりも必要です。そのために行うのが油戻しです。
油焼戻し温度はおよそ170度~220度。軽く焼いて今度は空気中でゆっくり冷やしていきます。
こうすることによって鋼の組織に粘りが戻ってきます。(刃物の用途、厚さにより変わってきます。)

くじらナイフ全6種類


クジラナイフ、くじらナイフ

サイズ: 全長16cm 刃渡り5cm 重量80g (種類により若干前後します)

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ